jane speaks JP

FéV
03

影を落とすミニストリー

shadow-ministry-jp

このような時があります。「あなたは非効率だ」と敵があなたにささやきあなたのミニストリーをやめさせようとします。あなたは自分がやっていることもやっていないことも、自分の目で「見たい」と願っている実を産出していないと感じるかもしれません。

1991年にニューオーリンズで開かれた世界大会でジャミ―・バッキンガムの素晴らしい話に耳を傾けてください。

Continue reading
FéV
20

真理の甘い水 (Sweet Waters of Truth)

bowl water flowing神による指導者

ウォール・ストリート・ジャーナルのペギー・ヌーマン氏が最近分かち合った興味深い洞察にとても注意がひかれました。次の事実を考えてみてください。「かつて世界が危機的状況にあった時、起こってきた状況に対処することのできるその時代の『天才たち』が現れ、緊迫した時代から世界を助け出したものでした。

アメリカ建国当初にはワシントン、フランクリン、マディソン、ハミルトン、モンローのような人々がいました。

第二次世界大戦の時にはフランクリン・ルーズベルト、ウィンストン・チャーチル、シャルル・ド・ゴール(フランス大統領)がいました。

Continue reading
JUI
20

あなたの心は定まっていますか? (Is Your Heart Fixed?)

Rock outcropping web 600px私たちは多くのこれまで知っていた「社会の基準」や「受け入れられる行動様式」が変わってしまった時代に生きています。その中には全く変わってしまったものもあります。「クリスチャン的道徳はアメリカの社会構造から姿を消しつつあり、文化的にメジャーでなくなりつつあります。そしてその後に残った空白をもっと多様な文化が埋めようとしているのです。バーナ・リサーチはアメリカの道徳的状態に対する懸念の高まりを明らかにしています。多くのアメリカ人成人はどのように善悪の判断をしていいのかわからないことを認めているのです。クリスチャンは真理と道徳を多くの大衆とは全く違う方法で見ているのでしょうか?それともクリスチャンも同じように世俗主義と宗教的懐疑主義の潮流の高まりの影響を受けているのでしょうか?」(2016年5月25日発行のカルチャー&メディア調査より)

Continue reading